走行距離が10万kmを超えると高く売れないの?

イラストAC

本日は車と走行距離についてです。大きな目安として10万kmがあります。

10万kmを超える車の場合、値段がつかないこともあるそうです(汗)。ちなみに私の車は現在9万kmです・・・大丈夫なのでしょうか。

10万kmを超えると価格が下がる理由とは!?

10万kmを超えると、多くのパーツを交換する必要があります。

車のパーツは1つ1つが結構高額です。中でも10万kmを超えると、ほぼ間違いなく「タイミングベルト」の交換が必要になります。

このタイミングベルト、交換費が10万円かかってしまいます。

他にも交換するパーツは、ウォーターポンプやショックアブソーバー、イグニッションコイルなど、言い始めたらキリがありません。しかもそれぞれ交換費は2万~3万円ほどかかります。

この話からも分かる通り、10万kmを超えるとパーツの交換が増えるため、車の買取価格が下がってしまいます。私の場合はまだ9万キロなので(汗)、早く売りたいと思います。

さて、10万kmを越えた場合でも高く売ることは出来るのでしょうか?

実は、日本車の場合は高く売れる可能性があります。その理由は日本車の制度の高さです。作りのしっかりしている日本車であれば、メンテナンス次第で30万km以上も走ることが可能です!

ただし、走行距離の多い車に特化した買取業者を見つけることは難しいです。

その対策としておすすめなのが車の一括買取です!

ネットを使った買取方法なので、多くの業者に見てもらえます。便利なサービスですね。