ボディカラーはどんなものが高く売れるの?

出典:イラストAC

こんにちは!

岡山に住むケイジです。

車を売るために色々調べてみているのですが、走行距離や車種などが査定に大きく関わってくるのはわかると思います。

ただ、車のボディカラーってどうなのか気になりますよね。

なので、それもちょっと調べてみました。

まず、車のカラーは、査定額にダイレクトに影響を及ぼします。

高額査定が望めるカラーは、黒・白・グレーなどの比較的無難なものです。

日本人の傾向として、高額なものほど無難なカラーを選びたがる傾向にあるようで、車なんでまさに高額な買い物ですよね。

なので、どこにでもあるカラーが中古販売市場でも重宝されます。また、無難であればあるだけ買取っても売れる可能性が高いのです。

過剰在庫になる可能性が少ないことから、高く売れる、という事なんですね。

対して、赤や青などの少し奇抜な色はあまり好まれないので高額査定にはなりにくいのです。

ただし、赤や青などがトレードマークであるメーカーの車に関しては話が別です。

そういった車に関しては、むしろ無難が色の方が買取額は安くなる可能性があります。

高級車を乗っているならの話ではあるので、一般的に乗られている車に関してはやはり無難な方が良いですね。

対して、全く人気がないのは、先ほどから出している赤。それからピンクや黄色などの原色系のカラーです。

原色カラー系はニーズが少ないのもあるので、買取額はそこまで高くない事が多いでしょう。

ただし、これも需要がある車種であれば話は違ってきます。

ダイハツのタントなどは女性人気があるので、淡いピンクが人気です。なので、タントに関してはピンク系の方が高額査定になりやすいです。

結局、「一般的には高額査定にはならない」という事なので、車種によって大きく違ってきます。

なので、一度確認してみるといいでしょう。