車の買取価格が決まった後に減額されることはあるの?

こんにちは!

岡山に住むケイジです。

車を査定してもらい、買取価格も出してもらって、契約書等のハンコも押した。さぁあとは振り込みを待つだけっていう時に、買取業者から「減額に関するお知らせ」というのが届くことがあるようですが、本当なんですかね?

ネットで車買取に関して調べていたら見つけたのでその実態を紹介します。

査定後に減額されることはあるの?

既に査定をしてもらっていて、その価格で売っても良いですよ、と合意しているにも関わらず、あとから減額の連絡がくることはあるようです。

車を売る流れは、車の査定⇒契約⇒引き渡し、振り込みの順に進んでいきます。

この順番の中で、引き渡しから振り込みまでの課程で引き取った車になんかしらの問題があると減額になってしまうケースがあるんだそうです。

では、なぜ最初の査定時ではなく、あとから減額となるのかというと、引き渡しを行った後に行われる車の整備中に不具合が見つかることが多いからです。

買取業者からしたら、買取した車は早く整備を行って売りに出したいのですが、不備があると修理をしないといけなくなります。

車買取業者からしたら利益に関わる問題であるため、結果的に減額という対応をされてしまうわけです。

車が不備だと判断されて減額されるケースとは?

どんな時に減額とされるのか?一般的に多いのは「修理履歴者であることを隠していた」場合です。

車は引き取られた後に整備に回されますが、その際に修理履歴が判明したり、当たらな修理箇所が見つかると減額となってしまいます。

小さな修理履歴であっても減額となることもありますが、大きな修理履歴の場合は当然価値も大きく下がることになります。

予め申請しておけば、最初の査定時に差し引いた金額を提示してくれるのでトラブルになることはありません。

減額の連絡がきたら必ず応じないといけないのか

実際に車を引き渡してから振り込みまでの期間の間に減額の連絡がきたら、必ず応じないといけないのでしょうか?

気になる所ですよね。

上記のように修理履歴を隠していた場合は素直に応じないといけませんが、傷やへこみなどがあったことを理由に減額されてしまった場合は、話が違ってきます。

傷やへこみに関しては、最初の査定の際に必ず査定士が確認しているはずなので、売る側である私たちが減額に応じる必要はありません。

また、売買契約に関する減額は、売り側に落ち度がない場合は無効にすることができます。

減額連絡がきた時の対処法

では、減額の連絡がきたらどう対処すればいいのかですが、まずは減額理由を明確に確認しましょう。

曖昧な理由をつけて減額をしてくるようなら応じる必要はありません。

減額理由を明確に確認したら、瑕疵担保責任の対象になるのかを確認しましょう。

瑕疵担保責任というのは、売った後に欠陥が見つかった場合、それが売り手である私たちに責任が課せられるという責任になります。

簡単に言えば、先ほどの修理履歴を隠していたというのがこれにあたります。意図的に自分に不利になることを隠していた場合は、瑕疵担保責任の対象になります。

ただ、どうしても買取業者が譲らない場合は、買取自体をキャンセルして別の買取業者に売った方が無難でしょう。

岡山市で車を売るならこのサイトがお勧め!

車を売るための知識はある程度は理解できてきたので、そろそろ今乗っている車を売ろうと思っています。

しかし、どこに売ればいいのかがわからなかったので、これについても調査してみました。

いろいろネットで調べていたら「車買取 岡山市」というサイトを見つけました。

このサイトは岡山で車を売るのに適している買取業者やサービスを紹介していて、おすすめ業者はランキング形式になっているので非常にわかりやすかったです。

また、車を売るのに必要な知識などもわかりやすく載っているのでとても参考になりました。

岡山で車を売りたいと思っているなら是非覗いてみてくださいね!

きっと役立つと思います。