着物の状態

こんにちは!

着物の状態によって買取額は変わってきますよね。

今回はそんな着物の状態について話します。

着物の買取価格は主に、着物のそのものの質と状態、どのブランドの着物なのか、流行りなどで変わるみたいです。

着物のの質や状態に関しては生地の質、着物の大きさ、保存状態で見ていくことになります。

生地は正絹が一番高く売れるようです。それから麻も結構高いみたいですね。ウールやポリエステルなどの化織の生地だとどうしても買取自体は他に比べて下がってしまうようです。

そして着物の大きさですが、これは当たり前と言えば当たり前ですが、大きめの方が買取価格は高くなるみたいです。大きめであれば仕立て直してあげればほとんどの人が着る事ができますもんね。

最後に保存状態。

これは着物の買取価格を大きく左右しますよね。シミやシワ、痛みやヨレなんかがあるとどうしても買取価格は高くなりません。むしろ下がります。

逆を言えば、未使用でしつけ糸が付いてるようなものだと買取価格は特に高いと思います。

ブランドに関してですが、まぁ当たり前ですが、有名作家の物、産地が有名な物、伝統工芸品やアンティーク着物とかは買取価格がかなり高くなりますね。物によってですが、数十万くらいの買取価格になることも全然考えられます。

ただ、ブランドに関してはたとえ有名ブランドの物でも、証明書がないと買取価格は最高額から下がります。

さらに、老舗呉服店のたとう紙に入ってるような着物も買取価格は高くなる傾向にあるようです。

最後に流行りですが、洋服の流行りは大体長くて2年くらいでコロコロ変わりますが、着物はそこまでの変動はないようです。

大体10年~20年くらいで変わると思ってもいいみたいですね。なので、10年以内の着物とかなら高く買い取ってもらえるようですが、それでも現代柄のようなものは流行りを過ぎてしまうとすぐ着られなくなるので、そういった物に関しては価値は低いようですね。

さて、母の着物は高く売れるのでしょうか?